自分のバイクをシッカリメンテして楽しいバイクライフを!

menu

役立つバイクメンテナンス

エンジンの基本メカニズム“気筒数”

【気筒数とは】
気筒数とはつまりシリンダーの数のこと言っています。現在のバイクのエンジンとしては排気量やサイズ:シャフトなどの条件などにより、 1気筒から6気筒までのシリンダー数のエンジンが最も一般的とされています。(中には自動車用のv8エンジンなどを積んでいる特殊なオートバイもありますが。)
同じ排気量でも気筒数の多い方が1気筒あたりのピストンを小さくすることができるため負荷が少なくパワーを上げるには有利になります。また振動面でも気筒数が多い方が提言しやすい傾向にあります。

しかし気筒数が多くなると重量の増加や部品数の増加があるためオートバイの場合には特にデメリットになってしまいます。また来当選夜走行感覚の違いが大きく現れるのもオートバイの宿命でもあります。

【シングル(単気筒)エンジン】
シングルとは短期当のことを言います。 1つのシリンダーだから成り立っている最もシンプルなエンジンです。エンジン本体の特徴としては軽量、コンパクト、整備済が良いなどの点が挙げられます。一般的には排気量が小さいエンジンを中心に多く採用されている傾向があります。

走行感覚はやはり2サイクルと4サイクルエンジンでおきなさがあり、特に4サイクルシングルエンジンの場合はクランクシャフトに2回転につき1回燃焼ということで独特の振動を生み出して体に伝わるその振動などが4サイクルシングルエンジンの最大の魅力として多くの支持を得ています。
また2サイクルシングルエンジンの場合は主にスクーターやオフロードバイクなどに採用されていて、スクーターに関しては排気量とコストパフォーマンスから選ばれています。オフロードバイクの場合には、軽量でハイパワーという面から選ばれている傾向が強いです。

しかし2サイクルエンジンは近年では排ガス規制の問題から新しく製造している車両がなくなったため、2サイクルエンジンを搭載した車両の希少価値が年々なくなってくるものと思われます。

【ツイン(2気筒)エンジン】
ツインとは22気筒エンジンのことを表しています。 2つのシリンダー物エンジンの事を表しています。
インライン型、ストレート型、V型、水平対向方など多くの種類のエンジンがあります。各エンジンの運動性能に違いがあるのが特徴です。必読特性もクランクシャフトのクランク品の1の変更により、ある程度自由に設定ができます。これらのことから120 ccクラスから上は1,000 cc以上まで幅広く採用されているエンジンになります。

走行感覚には2サイクルか4サイクルかあるいは直列形式の違いなどによって様々ありますが、4サイクルツインの場合にはクランクシャフトに回転につき2回燃焼なので、低・中速トルクが強く種類によっては高回転にも耐えるためオールラウンドな走行が可能なエンジンといえます。

一方の2サイクルエンジンは250 ccのつのサイクルツインに代表されるように、高回転高出力と低・中速トルクのバランスが特に優れているため、本格的なレーサーレプリカに多く採用されています。

【マルチ(3~6気筒)エンジン】
マルチエンジンとはシリンダー数が3つ以上あるエンジンのことをいいます。現在では3気筒(トリプル)、 4気筒(フォア)、 6気筒(シックス)などが市販されていますが、やはり中心は4気筒で、 3気筒や6気筒はやはり少数派になります。

2サイクルの4気筒は以前ではGT5 100などをロードレーサーが採用していただけで、市販モデルでマルチを採用しているいるのは法サイクルエンジンのみになっています。またその多くは排気量が250 cc以上のモデルで、出力特性としては高回転効率型のエンジンになります。 250 ccクラスでは実に1万5,500回転以上で最高速を発生するモデルもあります。 400 JCのレーサーレプリカモデルがすべてこの4サイクルエンジンを採用している点から見ても、ハイパフォーマンス追求には利点があることが証明されているといると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2016年10月
« 9月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31