自分のバイクをシッカリメンテして楽しいバイクライフを!

menu

役立つバイクメンテナンス

エンジンの基本メカニズム“行程システム”

【サイクル(ストローク)】
エンジンが開発されてからエク120年以上もの歴史がすでにありますが、オットーサイクルとして発売されたストロークには「行程」のことで、レシプロエンジン(ピストンが往復運動をするエンジン)のピストンが上死点から下死点へ移動すること、つまり往復運動をすること多いそれはピストンの移動する距離のことを意味しています。

一般的に2サイクル、4サイクルと言われるこのサイクルとは本来エンジンの「吸気・圧縮・燃焼・排気」この一言の後てなことをいいます。つまり混合気がシリンダー内に送り込まれて圧縮されて点火と同時に爆発し廃棄されるという行程のことを意味しています。そして2サイクルと4サイクルの違いにはこの行程が何回のピストン往復運動で行われているかの違いを表しています。

それでは「吸気・圧縮・燃焼・排気」というサイクルと呼ばれる行程でなぜエンジン出力を得ることができるのでしょうか?それは燃焼室内の圧力の変化によって得ることができるのです。各行程での燃焼室内の圧力は、吸気・排気のときは低く、圧縮の時は高くなっています。そして燃焼時はもっと高くなっているのです。この圧縮と燃焼の圧力差利用してエンジンは出力を得てバイクや車は5ことができるのです。

【4サイクルエンジン】
4サイクルエンジンもレシプロエンジンの1種であります。本来は4サイクルストロークエンジンと呼ばれるエンジンであります。4ストロークと言うのは2ストロークの2倍でピストン2往復ということを荒らしています。つまり吸気・圧縮・燃焼・排気という1連の工程がピストン2往復の間に完結するエンジンを4サイクルエンジンといいます。

まずピストンが上死点から下がり始めると吸入バルブが開混合気がエンジン内に吸入されます。そしてあの混合気をピストンが下死点から上昇することによって圧縮させられ、上死点を過ぎた直後に点火され燃焼がおきます。その燃焼圧力によってピストンが押し下げられて下死点に達してまた上昇を始めます。その時排気バルブが開ピストンによって持ち上げられた燃焼ガスを排出することになります。

ここれで1連の工程が完結しますが、この元クランクシャフトは2回転しています。したがって報サイクルエンジンはクランクシャフト2回転で1爆発を繰り返し行っているエンジンということになります。

【2サイクルエンジン】
2サイクルエンジンもエスプロエンジンの1種でありますが、2ストロークエンジンとも呼ばれています。2ストロークというのは2行程でピストンが一応服することを意味しています。吸気・圧縮・燃焼・排気という1連の工程をピストンが1往復する間に完結するエンジンを通サイクルエンジンといいます。

2サイクルエンジンの場合、ピストンが上昇してシリンダー側が混合気を圧縮(二次圧縮)すると、一方のクランクケースがは風集まって混合気を吸い込みます。フラグの点火によって燃焼が起き、ピストンが押し下げられると同時にクランクケース内の混合気が圧縮(一次圧縮)され、シリンダー内へ押し出されます。その混合気の流入によって燃焼ガスが排出されます、これで1連の行程が完結します。

このときフランクシャフトなはちょうど1回転しているので、2サイクルエンジンはクランクシャフトに2回転で1爆発を繰り返して作動しているエンジンということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2016年10月
« 9月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31