自分のバイクをシッカリメンテして楽しいバイクライフを!

menu

役立つバイクメンテナンス

・冷却装置の役割
エンジンの冷却装置の役割とは、エンジン自体を空気。水。油などを使つて冷やすことでエンジン構造を常にベストコンデイシヨンに保ち、常にベストなパワーを引き出すことにあります。始動しているエンジンはシリンダー内で混合気の爆発が起こつているため内外部共に高温化します。この熱をそのままにしておくと、さまざまなトラブルが起きてしまうのです。まずは潤滑性の問題である。オイルが異常な高温にると粘度が失われてサラサラの状態になってしまうためにうまく測摸を作れなります。これによリビストンとシリンダーのような摺動部分や、クランクシヤフトとカムシャフトの軸受けのような回転部分の摩擦抵抗が大きくなり、この部分が大きな摩擦熱を発生します。これらの部品は高速で運動するため、その熱によつて変形やひずみが生じる可能性があるのです。第2には燃焼の問題です。混合気も熱を受けて高温になると気体であるために膨張します。すると酸素の分子密度が小さくなり、燃料を完全燃焼できなくなります。また、高温の混合気は、デイトネーシヨン(異常燃焼)を起こして燃焼室近辺やビストンの頭部などを溶かし、ひどい時にはピストンに穴を開けてしまうことさえあるのです。これらのトラブルを防止するために、冷却装置はエンジンには必要不可欠な装置なのです。

 

・空冷エンジン

空冷エンジンとは、エンジンを大気(空気)によつて冷却するエンジンです。近年徐々に水冷を採用するモデルが多くなっていますが、反面、造形の美しさなどの要因により、空冷エンジン復活の兆しも見えてきています。その人気の『造形美』のもとが、空冷の要であるシリンダーに取り付けられた冷却フインと呼ばれるヒレがあります。これはより多くの熱を大気に逃すためにシリンダー外部の表面積を広げる役割を持つています。この形式は、水冷のように冷却装置として平たな部品を付属させないですむので、重量・動性・コストの面でも有利なのです。しかし、水冷と比較するとメカニカルノイズ(騒音)が大きいことや、一部のモデルに見られる夏場のオーバーヒートによるパワーダウンなどデメリットもあります。もっとも通常に使用する分には何ら問題ない程度の物です風。

 

・水冷エンジン

水冷エンジンとは、エンジンを水(冷去口水)によって冷去口するエンジンの事を言います。現在はスクーターを除く2サイクルのほとんどのモデルと、4サイクルの250cc以上のモデルが多く採用しています。基本的な構造としては、ウォーターポンプ、ラジエター、 リザーバータンク、サーモスタットとそれらを連結するホースから構成されている。シリンダーを取り巻くように配されたウオータージャケット(シリンダーブロック内)と呼ばれる水路で熱せられた冷却水は、ラジエターで冷やされてウオーターポンプに流されそこからウォータージャケットへ戻り循環していきます。空冷と比較すると水冷は冷却効果高くオーバーヒートの心配もありません。

またバイクには通常冷却ファンがついていませんので、清掃がしやすいという利点もあります。ですが重量やサイズの面では不利と言えるのです。また、店頭などの軽い事故によって冷却関係を破損させてしまった場合などにも、その場ですぐ再運転することができないなどリスクも大きいのです。

 

・油冷エンジン

油冷エンジンはエンジンをエンジンオイルによって、冷却するエンジンで、現在はスズキとドカティの一部のモデルが採用しています。エンジンの外見は空冷と同様、大気との接触面積を広くするための冷去ロフィンがついています。油冷の場合、水冷のラジエターに当たるのがオイルクーラーで、オイルの通るチューブと冷去ロフィンから構成されています。油冷の特徴は、水冷よりも軽量にでき、空冷よりも冷却効率が高いということであります。主にドライサンプと組み合わせて採用されています。

 

・ラジエターの基本構造

ラジエラジエターは、アッパータンク、ロヮータンク、そして中央のコアから成り立っている。アッパータンクと口ワータンクは、一時的に冷去口水を貯めておくもので、中央の格子状に見えるコアが冷却水の温度を下げる部分なのです。アッパータンクからロワータンクヘつながるチューブがウォーターチューブと呼ばれ、このチューブの中に冷却水が流れるようになっています。

そしてウォーターチューブの間のフィンはコルゲートフィンと呼ばれ、隣りあったウォーターチューブの間に波状にセットされています。これはを通る空気と接する面積を広くして、ウォーターチューブ内を流れる風冷却水を効率よく冷却するためなのです。

通常走行時、冷却水は高温高圧になります。これは高圧にすることによって冷却水200度以上の熱を吸収するために行っていることなのです。この圧力を制御するのがアッパータンクに取り付けてあるラジエターキャップなのです。ここでの圧力が測定値を超えると遠ラジエターキャップ内のバルブが開圧力を下げる働きをします。

ラジエターの素材としては以前は真鍮とジュラルミンまたはアルミでしたが、現在ではアルミ製のものがほぼ一般的に広まっています。

 

・冷却水の流れ

ラジエターで癒された冷却水は、ウォーターポンプによってエンジン内部に送られる働きになっています。エンジンのシリンダーを包むようにしてウォータージャケットと言う水路があり、このウォータージャケットを冷却水が通る時にエンジンから発生した熱を奪うことによって温度を下げる働きをしています。またその熱によって温められた冷却水は、ラジエターに戻りまた冷却されるのです。

エンジンが回転しているときは、冷却水は常に循環しています。オーバーヒート起こした時は、すぐにエンジンを止めずにバイクを安全なところに停止して、アイドリング状態で冷やす方が効率的にも良いのです。冷却水には、かつては水道水を使いていた時代もありましたが、現在ではエンジン内部の腐食や冬場の凍結防止ができるクーラントを使用しています。

 

・ウォーターポンプ

ウォーターポンプは水冷エンジンの冷却水を循環させるためのポンプです。ウォーターポンプを用いる冷却方式を、強制循環方式といいます。これに対して冷却水の熱による流動で循環させる方式を、自然循環方式と呼んでいます。以前は4輪などで自然循環方式を採用していたこともありましたが、現在ではすべてのモデルがウォーターポンプを使用する循環方式を採用しています。

 

・電動冷却ファン

冷却水は基本的にラジエーターを理走行風によって冷却されていますが、てー謝辞または夏場の渋滞10などの温度上昇に対応するため、強制的に風邪を送る電導冷却ファンがついています。これは冷却水の温度によってサーモスイッチで冷却ファンが作動する仕組みになっています。このサーモスイッチは設定温度になると接点がONになりファンが作動する仕組みになっています。常に水温が歩い以上の温度になるとファンの聖地が自動的に音になる仕組みになっているのです。

 

・サーモスタット

サーモスタットは冷却水の流量を調整してエンジンを理想的な温度に保つための部品なのです。ワックス式と呼ばれるパラディンなどの熱膨張率の高い液体によってバルブを開閉する方式が主流となっています。

冷間時の始動直後など冷却水の温度が低いときはサーモスタットのバルブは平和に、冷却水はラジエーターを通らずにバイパスホースを通ってエンジン内だけで循環するようになっています。そして冷却水が暖まってくると、サーモスタットバルブが開き始めて、ラジエターに冷却水を流し始めるようになっています。

 

・リザーバータンク

エンジンの熱によって高温高圧になった冷却水がラジエーターキャップを設定以上の圧力になると、それを制御するためにラジエーターキャップ内のバルブが開いたときに、水蒸気として冷却水が大気に逃げるのを防ぐ働きをするのがリザーバータンクになります。リザーバータンクは高温時に冷却水が逃げるのを防ぎ、またエンジンが冷えた時にラジエター側にラジエターキャップを通して冷却水の補給を行うシステムになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031