自分のバイクをシッカリメンテして楽しいバイクライフを!

menu

役立つバイクメンテナンス

エンジンオイル(メンテナンス編)

・オイルの点検方法

4サイクルの場合は基本的にエンジンオイルが減る事はあまりありませんが、オイルの漏れやピストンリングの摩耗といった原因でまでに俺の現象を引き起こすことがあります。ですので日常的にエンジンオイルの点検を行うようにしておきましょう。

オイルレベルの点検方法はエンジン暖気直後、オイル注入口にあるオイルレベルゲージを取り外して行ったんですがので空いてから、再び差し込んで計測をします。この時にまたねじ込むのではなくあくまでも差し込むだけでよいのです。また点検の際は基本になります。センタースタンドが無い車両の場合には、またがって車体を水平に保ち作業すれば大丈夫です。

この状態でレベルゲージに付着したオイルレベルがアッパレベルトロワーレベルの間になれば正常です。しかしロアーバーにも満たないときには補充して、アッパーを起こしている場合にはオイルを抜いて正常レベルを保つようにしなければいけません。そして指で粘土や汚れなどのオイルコンディションも併せて確認するようにしておきましょう。

 

・オイル漏れのチェック方法

たいていオイル漏れの症状はにじむ程度がほとんどできよう用することはありませんが、それでもできれば早めの処置を心がけたいものです。ですが、謝辞にオイルが垂れて車体の下などにシミなどを作るまで悪化しているようであれば走行時に支障をきたすので早急な対応が必要になってきます。

オイル漏れが起きやすいのはforサイクルならシリンダーとシリンダーヘッドカバーをを始めとしたジェネレーター、クランクケースカバーなどカバー類の接触面、オイルエレメントの取り出し口、オイルパン付近、エンジン組み上げ用のボルト周辺などが挙げられます。これらはいずれもオイルシールやパッキンなどを使用している箇所なので、これらの老化が主なオイル漏れの原因になっています。

しかし稀にカバー自体の鍛造不良による不具合などもあり、クランクケースカバーなどは転倒などの強い衝撃により小さなヒビが入る事もありますので注意が必要になります。

痛サイクルエンジンの場合はエキゾーストパイプとエンジン接触面を始め.サイレンサーのボルトなどをチェックしてみてください。構造によっては嫌ブレーキブを折るで汚してしまう場合もあるので注意しなければいけません。

 

・オイル交換

オイル交換の時期は一般的に2,500から3,000キロが推奨されています。これは各メーカー推奨値よりも短めであくまでも目安として考えて、各自のバイクライフに会った交換時期を選んでいきましょう。ワインディングを走り高回転をフルに使う人と、街乗りを中心に使う人とではエンジンオイルの疲労に差が出て当然なのです。

同じ距離を1ヶ月で走ってしまう人と、 1年かかる人とではおのずと差が出てしまいます。この差の違いをオイル交換の廃油の老化具合で探し当たれば良いのです。交換するたびに汚れ具合、粘土、白濁などの変化をを観察して自分の交換サイクルを組み立てていくのです。また新車の場合にはエンジンに値が出るまで金属分が出やすいので、まず500から1,000キロでオイルフィルターto一緒にオイルを交換します。以降は上記を参考に行っていくと良いと思います。

また鉱物から化学合成といった異なる成分のオイルを入れるときなどには、必ずブラッシング行ってから交換するようにしたいものです。をこれはオイル成分の違いによって起こるエンジン内の1幕切れを防ぐためですので、市販のブラッシング専用オイルも発売されていますが、なければこれから輩出するオイルと同じ成分の新品俺でも構いません。総量の10%にあたる量を先に注入し暖気運転を行ってからオイルを抜きます。そして
オイルを注入するといった方法になります。

またこの場合違う銘柄のオイルに帰るのですから、もちろんオイルフィルターも同時に交換するのが鉄則になります。以上の事等を注意してオイル交換を行うように心がけてください。

 

・オイルフィルターの交換方法

オイルフィルターの交換は意外とめんどくさがってしまい交換しないでいる人が多いようですが、エンジン内の潤滑で汚れたオイルをろ過するフィルターが、その機能を発揮できないほど汚れてしまっていると、オイルの潤滑そのものにトラブルが生じてしまう場合もあります。オイルフィルターの交換は、オイル交換2回のうちに1回のサイクルで定期的に交換することが基本になります。

フィルター形式には内臓式とカートリッジ式がありますが、最近の傾向としては不250ccは内蔵式、 400 cc以上はカートリッジ式が主流になっているようです。内蔵式はエンジン下のオイルパン内、またはミッションケース付近などに設置されています。またカートリッジ式はエンジン側の役牌付近にフィルターがある場合がほとんどになります。

作業場で注意したい事はボーリングの交換です。オイル漏れの原因を防ぐために毎回交換はもちろんのこと、カートリッジ式の場合にはフィルターを外してもOリングがそのまま残ってしまうことがあります。古いオーリングをそのままの状態で残ったまま新しいリングとフィルターを装着してしまわないように注意が必要になります。もし二重にオーリングを使ってしまうと、エンジンオイルの漏れの原因になりますので注意が必要になります。

・2サイクル車のエンジンオイルとミッションオイルの交換

2サイクルエンジンの場合、エンジンオイルはガソリンと一緒にクランク室へ発送され爆発と共に燃えてしまいます。そのためす2サイクルオイルがなくなれば補充が必要となります。オイルランプのインジケーターが点灯し始めたら、「補給してください」の警告なので、早めに補充しないとオイル切れの危険性が高まりますので、早々に補充することをお勧めいたします。

2サイクルエンジンオイルには分離給油と混合空輸の2種類があるので注意が必要になります。行動用市販車の場合、1部の会社を除きほとんどは分離給油方式が採用されています。この場合離給油用のオイルを使用しなければいけません。混合ようと分離用とでは粘度も違うので「レーサーも使っている混合給油用ならアップするのでは?」などと間違った解釈で入れないように注意してください。

また分離給油ようとどうしても鉱物油、化学合成など異なる成分を使っているオイルが混じってしまう場合、さしあたって大きな問題は生じる事はありませんが、それらを交互に補充することは避けるようにしたいです。これは燃焼具合などに影響が出てしまうので注意が必要になります。

そして定期的な交換を行う必要があるのは、ミッションオイルになります。4サイクル車ほどオイルのろうかに神経を使わなくても良いのですが、交換サイクルはメーカー推奨距離よりもやや早めに約4,000からを1,000キロを目安に行うのがベストになります。このミッションオイルは、各メーカ共にミッション専用のものが用意されています。基本的に内容が変わらないことから、4サイクル車用のエンジンオイルを使用している人も多く見受けますが、決して入れないようにして下さい。やはりここはミッションオイルは粘度も違うため、専用のギヤオイルを入れるようにしてください。

また余談ですが4サイクルエンジンの二輪車のエンジンオイルと、4輪車のエンジンオイルとでは成分が違うのでここも必ず専用のエンジンオイルを使うようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
カイトリチュー評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031