自分のバイクをシッカリメンテして楽しいバイクライフを!

menu

役立つバイクメンテナンス

ラジエーター(メンテナンス編)

・クーラント漏れのチェック
クーラント漏れ以外の原因でラジエーターの冷却水が減るという事は、エンジンがオーバーヒート気味になることによって冷却水が沸騰して、ラジエーターキャップの抜き穴から聞かせてしまったり、またはブリーダーホースからのオーバーフローで駅量が少なくなってしまうのです。

よってこの様な場合には、オーバーヒート気味になってしまう原因自体を追求しなければいけません。オーバーヒートしやすい現状で考えられる要因には、ウォーターポンプやサーモスタットの作動不良やラジエーター液の濃度が外気温に対して濃すぎるなどが挙げられます。

しかしそれとは無関係に冷却水の現象が起こるのであれば、そのユニットはどこかに液漏れのトラブルを抱えているのかもしれないと考えるのがす10になります。

液漏れの原因としてまず考えられるのは、パイプ部分の亀裂などが挙げられます。ウォータージャケット、ラジエーター本体、ウォーターポンプリザーバータンクなどを結ぶラジエーターホースやリザーバーホースは、外損がなくても老化によるひび割れが発生しやすくそこから漏れることが考えられます。

これらの箇所を点検するときは、合わせてホースバンドの点検を行うようにしましょう。緩んでいたら当然染み込んでおきます。もし点検によって漏れの原因が判明した場合には、対処は大体ホース交換やOリング交換になります。それほど高価なものではないのでケチらずに新品に交換することをお勧めします。

ツーリング先などの出先で不幸にもラジエーターホースに穴が開いてしまった場合には、有効なのはチューインガムやガムテープでの粘りが有効手段になります。よく噛んでのばしたガムを穴よりも大きく広げた後、上からガムテープで何重にも巻き付ければとりあえず応急処置ぐらいにはなります。そして漏れてしまった分綺麗な水を補充することを忘れずにして下さい。
もっともこれはあくまでも応急処置なので、作業できる状況になったらすぐにホースを交換するようにしてください。

エンジンの冷却の要となるラジエーターだけに、メインテナンスをする場合には、丹念に細かくチェックすることが望ましいのです。そしてラジエーター同様重要なのは潤滑冷却を支えているホースと冷却水なのです。冷却水が汚れてようなら交換も怠らないようにしてください。

 

そう言えば先日親戚がクルマを新車で購入しました。新しいクルマは乗せてもらったのですがやっぱり最高でした。
今まで乗っていた車を カイトリチューのクルマ出張買取鑑定団 で高額買取してもらったそうなんです。

乗っていた車が高く買いとってもらえたので、その分良いクルマを購入する事がでいたそうなんです。
次回自分も久留間を買い替える時には、ここで見積もりだけども取っておきたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031